スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


話題沸騰!電子タバコの人気ランキング

中学生の喫煙6割減 08年度 タスポ普及も効果?

 佐賀市教委は10日、2008年度に把握した市立中学校の生徒による喫煙は65件で、延べ106人を指導したと明らかにした。把握件数、指導人数ともに前年度(152件、249人)よりも6割近く減った。市教委は各校での禁煙教育や、昨年7月から全国運用が始まった成人識別カード「タスポ」の普及が効果を上げたとみている。

 市内の中学校18校から寄せられた報告書を市教委が集計し、市議会一般質問で答弁した。小中学校の教職員の喫煙率(人員ベース)についても11.8%と明らかにした。

 市教委によると、これまで中学1年生と、希望する小学6年生に限っていた禁煙教育の対象を本年度からは小学6年生全員にも広げるといい、田部井洋文教育長は「未成年の喫煙がもたらす負の要因を小中学生に教えていきたい」と答えた。

話題沸騰!電子タバコの人気ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。