スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


話題沸騰!電子タバコの人気ランキング

ここはハワイじゃない!「海の家」海水浴場禁煙に反発

 神奈川県の松沢成文知事が打ち出した海水浴場の原則禁煙。環境推進団体が歓迎の声を上げる一方、客足への影響を心配する海水浴場関係者からは早くも「反対」の声も。全国初となる屋内での喫煙を規制する同県の「公共的施設における受動喫煙防止条例」は、業界団体の反発で当初掲げた全面禁煙から大幅に譲歩した格好となったが、今回のたばこ規制第2弾、どう決着するか-。

 「きれいで安全、そして快適に過ごせる神奈川の海水浴場をアピールし、湘南を代表とする神奈川の海岸のイメージアップ、ブランド化につなげていきたい」

 松沢知事は3日の定例会見で、規制の重要性をこう強調した。吸い殻のポイ捨てが砂浜の美観を損なうことや、歩行喫煙が水着姿の利用者にとって危険であること、また混雑時に受動喫煙の被害が懸念されることなどが規制の主な理由だ。

 指定場所以外での喫煙を禁止し、罰則も検討する。今後、関係する14市町との協議会や関係者との話し合いなどを重ね、来年の海水浴シーズンに合わせて実現したい考え。

 環境推進団体は歓迎ムードだ。「かながわ海岸美化財団」は、「(海岸には)たばこの吸い殻がかなり落ちており、規制が実施されれば少なくなるだろう」とし、「エコサーファー」代表の堀直也代表も「ハワイやオーストラリアでは禁煙は当たり前。モラルにも限界がある。きれいなビーチがどんどんできていけば」と話した。

 ただ、関係自治体は慎重な構えだ。3つの海水浴場を抱える藤沢市の担当者は「目に余るごみや歩きたばこの危険性から、砂浜の禁煙化という方向性はいいこと」としつつも、「海の家(での喫煙)などはどうするのか。分煙のための何らかの工夫が必要」と営業面の懸念も口にした。

 江の島海水浴場営業組合(同市)関係者は、規制について「やってほしくない」とバッサリ。「半分の人間が喫煙する。客は減り、海の家の売り上げも落ちる。ここはハワイじゃない」と言い放った。

 一方、辻堂海水浴場協同組合(同市)の関係者は「海岸清掃をやっているが、たばこの吸い殻がいっぱい落ちていて拾うのが大変。たばこを吸わない人が増えているし、規制はいいことと思う」と話した。

 海水浴場の禁煙は、都道府県レベルでは例がないというが、市町村レベルではすでに始まっている。静岡県熱海市は平成17年から市内3カ所の海水浴場で指定場所以外での喫煙を禁止。違反すれば名前を公表することにしている。

 市の担当者によると、「年々たばこの吸い殻は減り、海岸はきれいになっている。トラブルや客足への影響もない」という。これについて担当者は、「親が持つ子供の安全・安心のイメージが大きいのではないか」などと分析している。

 県は5月から受動喫煙防止条例のPRキャンペーン「スモークフリー」を展開している。スモークフリーは「煙から解放されて自由になる」という意味で、松沢知事の発案。松沢知事は海水浴場をどこまでスモークフリーにできるか。今後の動向に注目が集まる。

話題沸騰!電子タバコの人気ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。