スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


話題沸騰!電子タバコの人気ランキング

「タバコが迷惑なら、子育てだって迷惑だ!」 駅全面禁煙反対論にコメント殺到

 フリーライターがニュースサイト上で、JRが首都圏の駅で全面禁煙にしたことに対して、非喫煙者の立場からも異論を唱え、喫煙ルームが必要なのは、公立の学校や公園を作るのと同じ理屈だと主張している。この記事にコメントが殺到し、ネット上で論議になっている。

■「駅全体でタバコを吸えないというのは問題」

  「タバコが迷惑なら、子育てだって迷惑だ!」

 こんな刺激的なタイトルで、ライブドアニュースの「眼光紙背」コラムを書いたのは、フリーライターの赤木智弘さん(33)。週刊誌などで、フリーターやニートについて発言していることで知られる。

 赤木さんは、2009年4月16日付のこのコラムで、まずJR東日本が1日から首都圏の駅で全面禁煙に踏み切ったことに不満を述べた。

 これでホームの端にあった喫煙所が撤去されたことに、「嫌ならホーム端に行かなければいい」と全面的に反論。通らなければならないとしても、一瞬だけだとした。赤木さん自身は、タバコを吸わないものの、端にある喫煙所に不快を感じたこともないという。

 そして、「駅全体でタバコを吸えないというのは問題」だとして、撤去するなら、各駅に喫煙ルームの設置を義務づけるべきだと主張した。

 ここで、論議となった前出の「子育て」についての言及が出てくる。

 タバコを「個人の趣味」だと喫煙ルームの税金など負担を否定する嫌煙家に対し、こう持論を展開したのだ。

  「もし、そうした理屈が通じるのならば、私は児童公園や市立の保育園や幼稚園、小中学校の全面閉鎖を求めたい。なぜなら、子供を持たない私が、子育てという個人の趣味を、税金を通して負担してやる理由はないからだ」

 そして、その場合、公立の学校や公園も受益者負担すべきという理屈も通るとした。子育てさえも「個人の趣味」だとする論拠として、赤木さんは、独身者は税金負担に利益がないことを挙げている。ただ、学校などの閉鎖を求めているわけではなく、喫煙も、同じように他人の権利として認めなければならないという意味で言っている。

■タバコがなくても人は滅びないとの指摘も

 赤木智弘さんのコラムがアップされると、コメント欄に書き込みが殺到。ライブドアニュースとしては異例の数となる300件ほどもが寄せられている。

 コメントでは、赤木さんの主張のうち、子育てを喫煙と同じ「個人の趣味」と位置づけ、喫煙ルームが税金などでなく「受益者負担」でというなら学校などもそうでないとおかしい、と同一視したことに批判や疑問が相次いだ。

 まず、タバコがなくても人は滅びないが、子どもがいなくてはそうなるとの意見が多い。「人類が、子供を産み育てる趣味(?)を放棄したら、未来はなくなります。 そこに公共性があるのです」「喫煙は趣味。趣味を他人に押し付けるな。子育ては必要性のあるもの。 一緒くたにする思考回路がわからない」といったものだ。

 さらに、赤木さんのような独身者も、必ず子ども時代があり、老後は子どもから支えられるという点だ。「筆者の方が子供の頃だって、誰かが税金を払って作られた公園で遊んだわけでしょ」「将来は子供に老後を支えて貰うことになります。子育てを個人の趣味と同列に扱い、蔑む対象にするのは筋違いだと思います」といった指摘がある。

 ただ、子育てでも、我が物顔に電車の中でベビーカーを押したりするなどの迷惑行為なら、嫌煙者の前での喫煙と変わらないとの指摘はある。

 ところで、首都圏で13駅17か所にあるJRの喫煙ルームは、どのような考えから設置されているのか。

 JR東日本の広報部では、喫煙ルームは受益者負担でなく同社の予算で作っているとして、その理由について、「新幹線などの車内で全面禁煙にしたため、長距離では不快に思われるお客さまがいると考えたからです。喫煙者、非喫煙者双方が快適になる環境をと弊社の予算で作っています」と説明する。ただ、駅での全面禁煙化については、「今のところ喫煙ルームを作る計画はありません」としている。

 なぜ、ホーム端の喫煙所を撤去したかについては、「降りる駅で階段が端にあったり、高齢者の方などが端から移動しにくかったりと、ホームの端を利用しなければならないお客さまもいるからです」と話している。

話題沸騰!電子タバコの人気ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。