スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


話題沸騰!電子タバコの人気ランキング

禁煙外来

■お医者さんのサポートで禁煙
タバコに対する心理的依存や、イライラなどの離脱症状(禁断症状)を起こす「ニコチン依存症」は、
医師やお薬の力を借りなければ、なかなか克服できるものではありません。

病院(禁煙外来)では、医師が身体・精神的にサポートし、禁煙できるように導いてくれます。

禁煙外来

2006年4月から、喫煙を単なる習慣や思考と考えるのではなく、ニコチン依存症という病気としてとらえ、
必要な治療を行おうという考え方に基づき、一定の基準を満たす患者の禁煙治療に保険が適用されるようにになりました。

さらに2006年6月からは、指導料に加えニコチンパッチや、経口薬(チャンピックス錠)などの薬剤費も保険適用になっています。

※ただし禁煙治療に保険が適用される医療機関は限られています。
自分が利用したい病院が保険での禁煙治療が可能かどうか、事前に確かめましょう。


■禁煙外来での治療の流れ
まず、禁煙外来で保険を使って禁煙治療を受ける為には以下の条件をクリアする必要があります。

<保険適用可能な禁煙外来を受けるための条件>
・患者自らが禁煙を望む
・ニコチン依存症診断用のスクーリングテスト(TDS)の結果が5点以上で、ニコチン依存症と診断されている
ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
・禁煙治療について説明を受け、その禁煙治療を受けることを文書により同意

一般的な喫煙者ならば、おそらく全ての条件をやすやすと満たしてしまうでしょう。

そして、治療は以下のような流れで実施されます。

禁煙外来での治療の流れ
禁煙外来での治療の流れ

<初回>
初診時の問診では、治療法の説明と、ニコチン依存度、喫煙の状況、禁煙の関心度等がチェックされます。
また、呼気中(吐き出す息)の一酸化炭素濃度の測定、禁煙開始日の決定と、
「禁煙誓約書」へのサイン、次回診察日の決定を行い、治療のための禁煙補助薬の処方を受けます。

<2回目>
初回から2週目に再診し、喫煙状況の問診を受けます。
呼気中の一酸化炭素の測定を行い、禁煙補助薬の追加処方を受けます。

<3回目、4回目>
4週目、8週目の再診でも、呼気中の一酸化炭素の測定とともに、出現した離脱症状の確認や対処法などのカウンセリングや治療を受けます。

<5回目>
12週目の再診が最終回、治療終了です。
禁煙に成功していれば、そのまま禁煙を継続するためのコツを理解します。

※保険で認められている通院回数は、初診を含めて計5回、期間は約3ヶ月です。

健康保険等を使った禁煙治療にかかる費用(自己負担分3割として)は、処方される薬にもよりますが
約3ヵ月で12,000~19,000円程度とのこと。

厚生労働省の調査では、5回全て受診した場合の1年禁煙継続率は45.7%、途中で治療を辞めた人を含めた全体の1年禁煙率は32.6%と、自力での禁煙と比べると効果は絶大のようです。

保険適用で費用はぐっと抑えられますし、自己流で禁煙するのと専門家の指導の下、きちんとした禁煙プログラムに則って禁煙するのとでは成功率が断然違います。

話題沸騰!電子タバコの人気ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。