スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


話題沸騰!電子タバコの人気ランキング

タバコとコスト

■禁煙コスト<<<タバコを止められた効果!
あなたは1日どのくらいタバコを吸いますか?

[アンケート]
1日に吸うタバコの本数は?


自分がタバコに使っている金額をチェックしてみてください。

仮に1日1箱吸うとして、1箱300円だと、単純計算で1ヶ月に9,000円かかります。
年間にすると11万円、10年も吸うと110万円もの大金をタバコに費やしている事になるのです。

「禁煙するにはタバコ代以上にお金がかかるんじゃ・・・」

と思いがちですが、数ヶ月間の禁煙コストと、そのまま継続して吸い続けた場合のタバコ代、どちらがお金がかかるかは火を見るよりも明らかですよね。

健康的にも金銭的にも禁煙するメリットは非常に大きいのです。

■禁煙コスト=1ヶ月間のタバコ代
では、禁煙にはどのくらい費用がかかるのでしょうか。

具体的な例として、専門家のもとで禁煙する「禁煙外来」と、「禁煙グッズ」を使った禁煙方法について禁煙コストを見てみましょう。

禁煙外来でかかる費用】
禁煙外来禁煙外来で必要な平均治療期間は3ヶ月です。
その内、投薬期間は2ヶ月間だけ。

禁煙外来の場合、良くも悪くも3ヶ月で禁煙の結果はハッキリ出ます。

禁煙コストとして薬剤費を含め、3ヶ月の治療期間で必要な禁煙外来の総費用は20,000円以下です。
これは、禁煙外来が5回まで保険適用が可能なためです。

禁煙グッズにかかる費用】
禁煙グッズ禁煙をサポートする禁煙グッズには様々な種類があります。

電子タバコ
ニコチンガム
ニコチンパッチ
経口薬(チャンピックス錠)
離煙パイプ

費用は、それぞれ数百円から数万円までと幅があります。

1日1箱吸う人の場合は、禁煙外来だと2ヶ月、高めの禁煙グッズを使っても3ヶ月元が取れるのです。

これは禁煙しない手はありませんよね。

もちろんお金のためだけではなく、健康のためにも、どんな方法であれ禁煙した方が得なのは当然です。

話題沸騰!電子タバコの人気ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。