スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


話題沸騰!電子タバコの人気ランキング

ニコチン依存症

■ニコチン依存症
ニコチンは天然のタバコの葉に含まれる有害物質で、青酸カリやヒ素と並ぶ猛毒です。
タバコを吸うとニコチンが肺から血液に取り込まれ、瞬時に脳をたたき起こします。
その間、なんとたったの7秒

中脳から大脳辺縁系にいたるドパミン作動性神経を「脳内報酬系」と呼びます。

ニコチンや覚醒剤、麻薬等は、その「脳内報酬系」に作用し、依存性を示すと考えられています。

ニコチン依存のメカニズム
ニコチン依存のメカニズム

ニコチンはシナプス前末端のニコチン受容体に結合して、ドパミン等の神経伝達物質を過剰放出します。
ニコチンによって脳内報酬系が活性化されると、多幸感・快感・覚醒効果・緊張緩和などといった様々な効用を感じるようになります。

ニコチンによって分泌される神経伝達物質

タバコを吸い続けると、脳は情動や性欲を司る旧皮質の大脳辺縁系を中心に、ニコチンで快楽を受けられるように作り替えられてしまいます。
禁煙した者が、絶対に1本もタバコを吸ってはいけないのは、脳が快感を思い出すのを避けるためです。

しかし、禁煙をはじめ、タバコから離れようとすると様々な心理的・生理的な症状が現れます。
その症状を離脱症状(禁断症状)といいます。

脳がもっともっととニコチンの快感を求めるからこそ、私たちはタバコが止められないのです。

話題沸騰!電子タバコの人気ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。