スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


話題沸騰!電子タバコの人気ランキング

経口薬(チャンピックス錠)

■経口薬(チャンピックス錠)
チャンピックス錠は、禁煙治療を目的に開発された日本初の経口禁煙補助薬(飲む禁煙の薬)です。

経口薬(チャンピックス錠)

これまでの既存の禁煙補助薬がタバコの代わりにニコチンを補充することによって、禁煙に伴う離脱症状(禁断症状)を軽減するものだったのに対し、チャンピックス錠はニコチンを含まず、脳内のニコチン受容体に選択的に働き、「タバコを吸いたい」という気持ち喫煙時の満足感を抑えることで、喫煙をサポートします。

<使用方法>
チャンピックス錠の使用方法
[第1週目]
チャンピックスの飲み始めの3日は0.5mg錠を1日1回、食後に飲みます。

飲む時間は朝・昼・夕のいつでも構いません。

4日目から7日目までは0.5mg錠を、朝・夕食後に2回飲みます。

ここまではタバコを吸っていて構いません。

[第2週目~]
8日目から禁煙します。

この日から、チャンピックス1mg錠を朝・夕の1日2回飲みます。

以後、12週まで継続します。

さらに、必要に応じて、24週まで延長することも可能です。


12週間まで保険適応の3割負担で服用することができます。
さらに、長期間の禁煙をより確実にするために、必要に応じて追加で12週間延長することができますが、
この追加の12週間は自費となります。

禁煙外来での費用を概算すると、標準的な12週間の診察代(初診料1回、再診料6回、ニコチン依存症管理料5回)、院外処方せん代、薬代(チャンピックス)とすると、
全額自費だと62,000円程度、保険適応の自己負担の場合は19,000円程になります。

<入手方法>
現在は病院からの処方でのみ、入手可能となっています。
禁煙外来に行き、処方してもらいましょう。

<経口薬(チャンピックス錠)のメリット>
・飲むだけなので簡便
・ニコチンが含まれない
・高い禁煙成功率が期待できる
・禁煙に伴う離脱症状やタバコに対する切望感が軽減される
・保険が適用される

話題沸騰!電子タバコの人気ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。