スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


話題沸騰!電子タバコの人気ランキング

禁煙のメリット

■さまざまな禁煙のメリット
健康に良い!体力が戻る。息切れがしない。
イライラしなくなる。倦怠感が無くなる。
無駄な出費が減る。保険も安い。
顔が若返った。笑顔が素敵になった。
美肌になった。肌ツヤが戻った。
化粧品のノリが違う。
歯が黄色くならない。
口がくさくない。口臭が改善。
体や髪の毛がヤニ臭くない。
よく眠れる。朝気持ちよく起きれる。
ご飯が美味しい。お酒も美味しい。
肌荒れが治る。血行が良くなる。肩こりも治る。
壁紙の黄ばみや部屋の匂いを気にしなくてもよい。
喫煙場所を探し回らずにすむ。
公共施設や打ち合わせの際にタバコを我慢しなくてすむ。

これらは一般的によく言われる禁煙のメリットや効果です。

禁煙により様々なメリットが生まれます。

話題沸騰!電子タバコの人気ランキング

タバコとコスト

■禁煙コスト<<<タバコを止められた効果!
あなたは1日どのくらいタバコを吸いますか?

[アンケート]
1日に吸うタバコの本数は?


自分がタバコに使っている金額をチェックしてみてください。

仮に1日1箱吸うとして、1箱300円だと、単純計算で1ヶ月に9,000円かかります。
年間にすると11万円、10年も吸うと110万円もの大金をタバコに費やしている事になるのです。

「禁煙するにはタバコ代以上にお金がかかるんじゃ・・・」

と思いがちですが、数ヶ月間の禁煙コストと、そのまま継続して吸い続けた場合のタバコ代、どちらがお金がかかるかは火を見るよりも明らかですよね。

健康的にも金銭的にも禁煙するメリットは非常に大きいのです。

■禁煙コスト=1ヶ月間のタバコ代
では、禁煙にはどのくらい費用がかかるのでしょうか。

具体的な例として、専門家のもとで禁煙する「禁煙外来」と、「禁煙グッズ」を使った禁煙方法について禁煙コストを見てみましょう。

禁煙外来でかかる費用】
禁煙外来禁煙外来で必要な平均治療期間は3ヶ月です。
その内、投薬期間は2ヶ月間だけ。

禁煙外来の場合、良くも悪くも3ヶ月で禁煙の結果はハッキリ出ます。

禁煙コストとして薬剤費を含め、3ヶ月の治療期間で必要な禁煙外来の総費用は20,000円以下です。
これは、禁煙外来が5回まで保険適用が可能なためです。

禁煙グッズにかかる費用】
禁煙グッズ禁煙をサポートする禁煙グッズには様々な種類があります。

電子タバコ
ニコチンガム
ニコチンパッチ
経口薬(チャンピックス錠)
離煙パイプ

費用は、それぞれ数百円から数万円までと幅があります。

1日1箱吸う人の場合は、禁煙外来だと2ヶ月、高めの禁煙グッズを使っても3ヶ月元が取れるのです。

これは禁煙しない手はありませんよね。

もちろんお金のためだけではなく、健康のためにも、どんな方法であれ禁煙した方が得なのは当然です。

話題沸騰!電子タバコの人気ランキング

禁煙外来

■お医者さんのサポートで禁煙
タバコに対する心理的依存や、イライラなどの離脱症状(禁断症状)を起こす「ニコチン依存症」は、
医師やお薬の力を借りなければ、なかなか克服できるものではありません。

病院(禁煙外来)では、医師が身体・精神的にサポートし、禁煙できるように導いてくれます。

禁煙外来

2006年4月から、喫煙を単なる習慣や思考と考えるのではなく、ニコチン依存症という病気としてとらえ、
必要な治療を行おうという考え方に基づき、一定の基準を満たす患者の禁煙治療に保険が適用されるようにになりました。

さらに2006年6月からは、指導料に加えニコチンパッチや、経口薬(チャンピックス錠)などの薬剤費も保険適用になっています。

※ただし禁煙治療に保険が適用される医療機関は限られています。
自分が利用したい病院が保険での禁煙治療が可能かどうか、事前に確かめましょう。


■禁煙外来での治療の流れ
まず、禁煙外来で保険を使って禁煙治療を受ける為には以下の条件をクリアする必要があります。

<保険適用可能な禁煙外来を受けるための条件>
・患者自らが禁煙を望む
・ニコチン依存症診断用のスクーリングテスト(TDS)の結果が5点以上で、ニコチン依存症と診断されている
ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
・禁煙治療について説明を受け、その禁煙治療を受けることを文書により同意

一般的な喫煙者ならば、おそらく全ての条件をやすやすと満たしてしまうでしょう。

そして、治療は以下のような流れで実施されます。

禁煙外来での治療の流れ
禁煙外来での治療の流れ

<初回>
初診時の問診では、治療法の説明と、ニコチン依存度、喫煙の状況、禁煙の関心度等がチェックされます。
また、呼気中(吐き出す息)の一酸化炭素濃度の測定、禁煙開始日の決定と、
「禁煙誓約書」へのサイン、次回診察日の決定を行い、治療のための禁煙補助薬の処方を受けます。

<2回目>
初回から2週目に再診し、喫煙状況の問診を受けます。
呼気中の一酸化炭素の測定を行い、禁煙補助薬の追加処方を受けます。

<3回目、4回目>
4週目、8週目の再診でも、呼気中の一酸化炭素の測定とともに、出現した離脱症状の確認や対処法などのカウンセリングや治療を受けます。

<5回目>
12週目の再診が最終回、治療終了です。
禁煙に成功していれば、そのまま禁煙を継続するためのコツを理解します。

※保険で認められている通院回数は、初診を含めて計5回、期間は約3ヶ月です。

健康保険等を使った禁煙治療にかかる費用(自己負担分3割として)は、処方される薬にもよりますが
約3ヵ月で12,000~19,000円程度とのこと。

厚生労働省の調査では、5回全て受診した場合の1年禁煙継続率は45.7%、途中で治療を辞めた人を含めた全体の1年禁煙率は32.6%と、自力での禁煙と比べると効果は絶大のようです。

保険適用で費用はぐっと抑えられますし、自己流で禁煙するのと専門家の指導の下、きちんとした禁煙プログラムに則って禁煙するのとでは成功率が断然違います。

話題沸騰!電子タバコの人気ランキング

ニコチン置換療法

■ニコチン置換療法
ニコチン置換療法とはニコチンガムニコチンパッチ離煙パイプ等からニコチンを補給することで、
禁煙による離脱症状を緩和しながら禁煙に導く方法です。

ニコチン置換療法

投与するニコチン量を徐々に減らし、身体的依存を克服し、最終的にニコチン製剤の使用を終了します。

話題沸騰!電子タバコの人気ランキング

離脱症状と対処法

■離脱症状と対処法
禁煙すると人によって程度の差はありますが、さまざまな離脱症状(禁断症状)がでてきます。
これらの症状の多くは、ニコチンに依存していた身体の中からニコチンが抜けだすためにみられるものです。

この離脱症状をうまく乗り切るにはコツがいります。

タバコが吸いたい
→水を飲む、深呼吸、低カロリーのガムや干昆布をかむ、軽い運動

体がだるい、眠い
→睡眠を十分にとる、軽い運動

イライラ落ち着かない
→深呼吸やストレッチなど自分にあった方法でリラックスする

頭痛がする
→足を高くし仰向けに寝る

多くの方がこの離脱症状によって挫折してしまいますが、うまく切り抜けましょう。

話題沸騰!電子タバコの人気ランキング

生活習慣のアドバイス

■心理的依存の克服
いったん禁煙に成功しても、ちょっとしたきっかけで喫煙を再開することがあります。
下のような状況には、特に注意が必要です。

・アルコールの席
・仕事上のストレス
・対人関係のストレス
・気分の落ち込み

再びタバコを吸い始めたきっかけを思いだし、その対策を考えてみましょう。

■肥満を予防する
禁煙すると、食欲が改善して食事の量が増すため、一時的に体重が増える場合があります。
通常、2~3キログラムの増加であるならば、あまり心配することはありません。
しかし、それ以上の場合は、下にあげるような注意を心がけてください。

・食事は腹八分目に
・薄味で、あっさりした食事に(油っこいものは避ける)
・口さみしさを上手にしのぐ(干昆布、低カロリーのガム)
・野菜を食べる
・毎日、無理なくできる散歩や運動をする

話題沸騰!電子タバコの人気ランキング

禁煙継続のコツ

■禁煙継続のコツ
禁煙をするための6つのコツをまとめました。

・タバコの害について自分なりにイメージをもつ
・禁煙しようと思った理由や禁煙中の努力を思い浮かべる
・禁煙してよかったことを考える
・ラクな気持ちで禁煙を続ける
・禁煙できたことに自信をもつ
・禁煙中の仲間をみつける家族や友人に禁煙宣言

あなたに合った方法で、禁煙を続けましょう。

話題沸騰!電子タバコの人気ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。